あなたの家族の育児を楽しんで

若い世代の家族にとって、大切な命をどう育てたらいいの?

ノウハウも知りたい、「こんな時どうしたらいいの?」そんな疑問は、他人の話でも気になる。情報を集めれば集めるほど、なんだかハードルが高くなる思い。そんな中、目的を定めると日常が整理しやすくなります。

「今、何のために、これやってるの!?」そんな素朴な疑問が、自分の思考に繋がり未来を生む。例え、子どもが遊ぶ、おもちゃひとつとっても・・・。

先日のイベント「お口育て親子お楽しみ工作、月へ行こう!」は、参加者さん、スタッフともに楽しくオンライン工作をし、出来上がった作品で子どもたちは楽しく遊び、その間に、大人がお口の育ちの見守り方の解説と、心の栄養満タンで子どものお口の育ちを応援する言葉の大切さを、お口の機能とともに学びました。

参加の皆さんからの感想の一部を紹介します。

  • 凄く素敵なzoomでした。メッセージがあり、お口育ては、年齢関係なく、大切でと思いました。また感謝も伝えていて、有意義な時間でした。ありがとうございました。
  • 久しぶりに工作をして、子供と共に遊べてとても楽しかったです。
  • 楽しかったです。子供がいるけど、大きくなってしまったので、孫ができたら、教えたいと思いました。ありがとうございます。今後は、3世代に伝える、お口の健康生活を目指して行きたいです。

ご参加くださった皆さんありがとうございました。ご参加の皆さんには後日、YouTube配信をお届けします。ご希望の方にはご案内しますので、LINEで「配信メッセ希望」とコメントください。

https://lin.ee/dhRh2Fw

ただいま、ご登録の方には、「お口の成長記録の作り方」を伝授中!https://youtu.be/3irpShDAEng

恩送りのプレゼント

終戦記念日は実父のお誕生日です。

脳梗塞をわずらい、言葉を失いましたが、そんな父親に恩返しの意味を込めて、父親の名前の中にある文字を、仲良しの歯科衛生士仲間 万代 香さんに、リクエストしました。 

子どもの存在は、愛そのもの、愛に基づいた家族私自身そうなりたいとメッセージを込めて家族の「愛」を代々受け継ぐ証として、送ることにしました。

幼少の頃から憧れた「愛に生きる家族」常に家族の思考が自由なこと。幸せを、ふと山登りの途中、景色を見下ろす清々しさのように感じること。そんな、幸せを感じる生き方は素敵なことだと思います。

子どもへの一生のプレゼント「名前」。過去、私から見たおじいちゃん、おばあちゃんはとても、厳しかったけれど、実父に名前をつけた原点に戻ると、長男が故に、よくよく思いが込められたプレゼントだったのだと思うのです。

実家にプレゼントが届いた時父親は施設にお泊まり中でしたが、母が、「いいお友達ができたね」と、嬉しい言葉のプレゼントをしてくれました。ありがとう、 香ちゃん!言葉を感じる感覚今の時代、とても注目を浴びています。

みなさんは、大切にしている言葉、好きな言葉、それにまつわるエピソードってありますか?

香ちゃんは毎日、ありがとう心恩送りルームを開いています。https://www.clubhouse.com/event/m257yDBD

ぜひ、遊びにきてください。

贈り物

文科省オンラオイン教育イベントにSDG’s参加❣️

文科省霞ヶ関の出前授業が、今年はじめてのオンライン開催です。

小学生対象、中学生対象プログラムに【SDG’sな社会を担う子どもたちに今学んでほしい13のこと】として、カラダの健康講座に参加しました。

毎日、SNSで出会った人と化学変化を起こして、楽しい骨盤・肩回し体操をしています。

最近、体の調子も良く、心も元気。これは、未来の子ども達にとって、お口の健康にもつながることなのです。子どもたちへ届けた学びが、この度文科省を通じて掲載され、どなたでも見られますので、夏休み、家族でカラダの健康を楽しく学んでみませんか?

8月18日10時、解禁‼️お見逃しなく❣️

歯医者さんに連れていきたいけれど・・・

託児施設付きの歯医者さんはとってもありがたい。

歯の治療を受けるにも、子どもを見てくれる環境はとても助かります。しかし、万人託児が合う子ども、とは限らない。その時のタイミングや、繊細に感じる感覚は子どもによってそれぞれ違う。

「託児を頼みたくても拒否反応が強くて行けなくなってしまいました。」と悩むお母さんもあります。回数をこなして慣れるしかないところもありますが、行きたい気持ちを残して対処できないのは、とても辛いことです。

どんなふうに慣れていけばいいのか?

歯医者さん側にも、新しい動きが求められています。「こんな状態でも長く付き合ってくださる歯医者さんはいるのでしょうか?」「泣いていても大丈夫かな?」お母さんの気持ちを汲んで、将来のホームドクターになるには?これから新しい課題がやってきました。

歯医者さんが子育てに関わってくれる場所。もっともっと、増えたらいいのにな。育児面の理解で信頼できる歯医者さんを探している人、たくさんいます。

私は、そのお手伝いをしています。あえて、白衣らしき服を着ない方がいいのか?

アットホームな雰囲気の出し方や、子どもの心に、自然に歩み寄れる雰囲気、繊細な子どもたちへ、地道なコミニュケーションスキルが求められます。

無邪気な子供たち

お母さんは家族のメンテナンスセラピスト

体の不調があれば、「おかあーさーん」と子どもにとって、困ったときの、大切な存在。

これまで長く関わってきた唯一自分をよく知る存在ですものね。

家族の健康・メンテナンス将来の病気予防は、「いつかなるかも!?」と先延ばしにするよりは転ばぬ先の杖を持っておきたいものです。体は過酷な状況が続いても、なんとか耐えようと頑張ってくれます。しかし、自分で日々メンテナンスする技を持つと、病気になる確率は減り自分の体の使いやすさに、快適さを覚えます。

毎日、骨盤体操・肩回し体操を始めて3ヶ月が過ぎました。肩こりや頭痛があったものですが、最近落ち着いているなと気付けたのは、振り返ってやっとわかったからです。

継続的な努力の結果は、振り返って初めてわかりますね。

3世代お口の健康生活教室は、お口の働きと体の姿勢を整えることから、そして、体の歪みを整える体操をしました。

小さなお嬢さんも、お母さんに骨盤体操のバンドを巻いてもらってみんなで一緒にしました。

二足歩行が始まった時から人の体は歪みと付き合うことになります。お口の機能にも影響を受けるため、今後、一家のメンテナンスセラピストとして、お母さんが元気になりつつ、家族の健康を啓蒙する役割には、ピッタリなのではないかと思います。

全ては家族が元気でいてほしいから。健康は、一生の宝物になります。心も体も一緒に整えたいですね。写真は、骨盤体操を始める際、お母さんに、体操前準備をしてもらっているところと、お口メンテナンスの絵本を読んでいます。なんとも可愛らしく・微笑ましい姿でした。今から知っておけば、将来役に立ちますね。

体操前準備
絵本の読み聞かせ
絵本

お口の健康!

感謝を心からあらわす事がとても重要で、見直されているように感じます。

言葉を発する口の働きは、動かせば機能はしますが、心がついて来れているか?というと盲点であるかのように注目されて来なかったのでは、ないでしょうか?

素直に沸き起こる衝動的で、心地よい感情に乗っかって、お口も働かせていきたいものです。 

土曜日の朝6時30分 目覚まし、目覚まし⏰