歯医者さんに連れていきたいけれど・・・

託児施設付きの歯医者さんはとってもありがたい。

歯の治療を受けるにも、子どもを見てくれる環境はとても助かります。しかし、万人託児が合う子ども、とは限らない。その時のタイミングや、繊細に感じる感覚は子どもによってそれぞれ違う。

「託児を頼みたくても拒否反応が強くて行けなくなってしまいました。」と悩むお母さんもあります。回数をこなして慣れるしかないところもありますが、行きたい気持ちを残して対処できないのは、とても辛いことです。

どんなふうに慣れていけばいいのか?

歯医者さん側にも、新しい動きが求められています。「こんな状態でも長く付き合ってくださる歯医者さんはいるのでしょうか?」「泣いていても大丈夫かな?」お母さんの気持ちを汲んで、将来のホームドクターになるには?これから新しい課題がやってきました。

歯医者さんが子育てに関わってくれる場所。もっともっと、増えたらいいのにな。育児面の理解で信頼できる歯医者さんを探している人、たくさんいます。

私は、そのお手伝いをしています。あえて、白衣らしき服を着ない方がいいのか?

アットホームな雰囲気の出し方や、子どもの心に、自然に歩み寄れる雰囲気、繊細な子どもたちへ、地道なコミニュケーションスキルが求められます。

無邪気な子供たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA