カテゴリー
Uncategorized

【よく働く子どものお口】

1歳が過ぎ、離乳食も完了期。

今日もご飯をモリモリ食べてくれたなら、一安心。まずは、そこが第一! 

歯応えのあるものを、 

しっかり食べるには、コツがあります。 

大人と同じように自分で食べますが、 

お口の中は、まだまだ未発達。 

噛まない子どもの予備軍はすでにこの時期にいます。 

 

 

 

さて、子どもウケしやすい、唐揚げ。 

お子さんはどんな食べ方を、していますか?  

丸ごとお口に入れていますか?

小さく切って、フォークで食べますか? 

かぶりつくように食べますか?

 

食べることは生きること。お子さんと、美味しい!を共有して、
豊かな食を楽しんで過ごしたいですね。

硬いものを食べると、顎が大きくなるから。と、大きめの唐揚げを食べさせたけれど、吐き出して食べてくれない。

食べ方に困っているお子さんには、どんなフォローできるでしょう?そんなお悩みも、将来よく噛んで食べるためには、大事なことです。

お子さんにあった、そのステージのフォロー方法をオンラインで学べます。

26上良健二、Ryohei Wada、他24人コメント1件シェア1件いいね!コメントするシェア

作成者: y,KOMI屋

2児の子育ての経験から、家族愛とともに楽しくお口を育て、ケアする方法を考え続けてきました。
育児する家族に、自分の経験と専門分野を掛け合わせたお話をしてきたことで、多くの育児世代の心とともに元気に、前向きに歩んできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA